日本語 | English

ハーレーダビッドソンの歴史 TOP

ハーレーダビットソン ~始まり~


ハーレー画像

ハーレーダビッドソン (Harley‐Davidson) は、ウィスコンシン州ミルウォーキー市に本部を置くアメリカ合衆国のオートバイ製造会社で、日本ではハーレーの通称で親しまれています。
1903年、アーサー、ウォルターのダビッドソン兄弟とウィリアム・シルヴェスター・ハーレーによって設立されました。
その始まりは3人の青年の好奇心からでした。
1901年、アメリカで自転車が爆発的に流行しました。 冒険心に富んだダビッドソン兄弟とウィリアム・S・ハーレーは、自転車を利用したパワフルな乗り物を考案し始めます。

ブックメーカー

ダビッドソン兄弟の父親が建てた小さな工場で、ウィリアム・S・ハーレーが設計し、その友人のアーサー・ダビッドソンが鋳型を作り、 ウォルター・ダビッドソンが組立を担当して創り上げました。 第1号は自転車のフレームにエンジンを抱え込ませたオートバイだったのです。
ダビッドソンではなくハーレーの名が先に来るのは、心臓部であるエンジン設計をハーレーが担当したためだそうです。
彼らの最初の努力は、技術も道具もほとんど無い中で、他のバイクと遜色ないものを作るということでした。
ハーレーダビッドソンは、単なるバイクのブランドはなくアメリカの象徴を創造し続けました。 ハーレーダビッドソンには100年を超える歴史があり、数々の車種・名車があります。
その一部をご紹介したいと思います。

バイク




HOME | 歴史 | モデルファミリー | その他